社員紹介



画像をクリックすると詳細が表示されます。
  2015年6月現在

イニシャル:Z.S     性別:男

部署: ソリューション統括本部OPシステム統括部
役職: グループリーダー
職種: ネットワークエンジニア
Q.今までどのような業務をこなしたか

主に金融系のインフラ担当としてサーバ構築、運用面の仕事に従事してきました。
具体的には、OSで言えばオープンソースのLinuxや、IBM社のAIX等を用いて金融機関の情報システムの構築に
携わってきました。構築したサーバにミドルウェア(データベースや日立社のJP1)を導入して顧客に合わせた運用を
設計、実装する事が主な業務内容です。

      
Q.仕事で嬉しかったこと、また、失敗したこととそれにより得たものは

何もないところから設計、テストを積み重ね、プロジェクトを無事終えた時の達成感、 完成させたシステムが
日々多くの人に利用されているという充実感をこの仕事をしていて得られました。
失敗といえば、プロジェクトメンバーとのコミュニケーション不足から仕様を誤って大幅に手戻りが発生した苦い経験があります。 ITといえば、情報機器を扱うイメージが先行しますが、仕事において人とのコミュニケーションが
なにより大切であると感じています。

Q.リーダーになった時の気持ちは

働いていると予期しないトラブル、システム障害など、厳しい局面にぶつかる事もあります。
その一つ一つ局面を投げ出さず、乗り越えてきた結果を認められたものと思っています。
もちろん、まだまだリーダーとして自信が持てない部分もあります。
しかし、そのままを良しとせずに、責任の重さを糧にリーダーとしてより大きな職務を全うする所存です。

      
Q.リーダーとして、どのようなところに気をつけているか

何よりも、他の社員より努力する事です。もちろん、会社の中心として結果を出していくことは一番大事です。
ですが、ただ結果を残す事だけで終わるのではなく、その過程を大切に社員と共有したいと考えています。
憧れるリーダー像を考えた時、自分以上に努力し、責任を負って、成果を出していく人に自分はついていきたいと
思いました。他社員にとって、自分がそういうリーダーで在ろうと日々励んでいます。

      
Q.これから、リーダーとしてどう勤めていきたいか

月並みな言い方になりますが、やはり社員の見本となるように勤めていきたいと思っています。
但し、見本といっても仕事のやり方、立ち振る舞いのお手本という事ではなく、常に組織に変化を起こす姿勢、柔軟性を持って会社を 良くしていく人材として勤めていきたいと考えています。
誤解を恐れずに言えば、社員には組織を纏めるリーダー以上に遠慮なく、自由に改革を進められるような社内環境を
目指して、まずはリーダーから変化を起こす姿勢で物事に臨むつもりです。
持論になりますが、『最も強い者が生き残るのではなく、最も賢い者が生き延びるでもない。唯一生き残るのは、
変化できる者である』とのダーウィンの言葉がありますが、では最後に生き残るのは何でしょうか。
それは『変化を起こし続ける者』ではないでしょうか。それは会社でも当てはまると思っています。

Q.サイド・ビィで働く魅力は何か

10年の節目を越えますが、まだまだ若い会社です。
若いというのは経験が足りないという事ではなく、犬塚社長のもと、初心を忘れる事無く、慢心せず、日々、 「変化への期待」に心躍らせて活き活きと働く事が出来るという意味です。
具体的に述べると、社員が考え、意見を述べて「行動」できる会社です。社員の「行動」を推奨している会社です。 意思があっても「変化」は起きません。想い、考えだけでも「変化」は起こせません。「変化」は「行動」によってのみ起こります。
年齢、慣例関係なく、行動する社員にはチャンスがあり、日々新しい時代に視線を向けて誠心誠意努力する事を忘れない経営姿勢に 誇りを持ってリーダーの一人として従事しています。

  2015年6月現在

イニシャル:Y.K     性別:女

部署: ソリューション統括本部 SIシステム統括部
職種: プログラマ
Q.サイド・ビィってどんな会社?

社員の「行動」を推奨し、常に「変化」を求める会社です。
自分で考え、意見を述べ、「行動」を起こすのは、ベテランだけではありません。
入社二年目で社内のプロジェクトのリーダーをやっている人もいます。
年功序列関係なく、誰でも「行動」することができるので、皆平等にチャンスを得られる会社だと思います。

Q.仕事の醍醐味

プログラマーとしては、少し複雑なシステムで頭を悩ませた後の、閃いた時の高揚感が好きです(笑)
例えるなら、なかなか見つからなかったパズルのピースが、カチっとはまった時の様な感じです。
あとは、やっぱりリリースしたときに達成感を感じることができるところです。

Q.入社してから仕事内容紹介

入社して研修、OJTを経たのち、某鉄道会社の大規模システムの開発に関わりました。
主にMVCのM(モデル)を担当し、プログラミングしていました。
その次のプロジェクトでは、進捗管理システムや、顧客・配送管理システム、キャンペーン受付システムなど
様々な小規模システムのメインプログラマーをしています。最近では、SEとして設計することも多くなってきています。

Q.これから挑戦したいことや夢

私がこの会社に興味を持ったきっかけは、社名の由来でした。
『ジミかもしれないけど、味のある存在。なおかつ、なくてはならない存在。』
まさにこんな人物になりたいというのが私の夢です。
もっと沢山の経験を積んでスキルアップし、人に頼られるエンジニアになりたいと思っています。

Q.学生時代にやっておくべきだと思うこと

アルゴリズムの勉強だと思います。
アルゴリズムを理解することにより、処理効率が上がったり、作業も早くなります。
学生のうちにアルゴリズムの基礎は勉強しておいた方がいいと思います。

	

Q.その他

女性エンジニアの数は、会社や仕事内容にもよるそうですが、男性に比べると少ないです。
しかし、『男性だから』『女性だから』なんて差別的なものは、まったく無いと私は思っています。
女性エンジニアが今後もっと増えていけばいいなと思います。

	

  2015年6月現在

イニシャル:Y.N     性別:男

部署: ソリューション統括本部 OPシステム統括部
職種: プログラマ
Q.会社の魅力や自慢を教えてください

社内行事が多く社員同士でコミュニケーションを取る機会が多いので親睦を深めやすいことを感じました。
また資格取得の為に業務後、資格を所持している先輩方が勉強会を開き教えてくれるので、社員の技術レベルの向上にも繋がるので魅力的だと感じています。

	

Q.仕事の醍醐味

日々新しい開発業務に挑戦することができるので、自身のスキルアップが望めることです。

	
	

Q.昔の自分と比較すると、どんな成長・変化がありましたか?

入社当時は、先輩方から教わり学ぶことが多かったのですが、現在は今まで学んできたことを後輩に教える立場になり、未だに自分自身も学ぶことも多いですが成長してきたと最近思うようになりました。

	
	

Q.今後のビジョンは?

現在、システムの開発業務に携わることが多く今後は開発だけではなく設計もできる人になりたいと思っているので今以上に知識面・技術面を磨いて日々励んでいきたいと思ってます。
また、現段階で取得が可能な資格も受けていきたいと考えています。

	

Q.学生時代にやっておくべきだと思うこと

技術面に関しては入社後に学んでいくので 学生時代には一般常識・ビジネスマナーについて学んでおけば良いと思います。

	
	

Q.その他

やる気さえあれば色々なことを学べる職場だと思います。
社員の一員になられた際には自分を沢山アピールしてください。